新訳『貧しき人びと』第5回 四月十二日 マカール・ジェーヴシキンからワルワーラ・アレクセーヴナ様へ / フョードル・ドストエフスキー作

file000351788032.jpg
~ 新訳『貧しき人びと』フョードル・ドストエフスキー  桐下正教 訳 ~



Youtubeはこちらから🎶
https://youtu.be/y465BE7HNNM



これまでは同じ日に何度も手紙のやり取りをしていたのですが
今回は 数日後です

マカールさんからのお叱りの言葉から始まります
そして、ワルワーラさんのリクエストに応えて彼は自分の近況を話します
悪臭、怪しげな海軍少尉、ひっそり暮らすひどく貧しい家族のこと等々 

少し長めのお手紙です✨


★ 今回の手紙に出てくる言葉 ★

《ヒワ》

ヒワ亜科の総称
日本であれば、北海道や本州に「マヒワ」と呼ばれるレモンイエローの鳥がいて、漢字で書くと「弱い鳥」(鶸)💦💦 カナリアみたいな鳥のようです
ヒワの仲間は多くて 様々な名前で世界中にいるようです 


《サモワール/ ポット》

第1回目の《お茶》参照のこと
もしかしたら家主の提供するサモワールには お湯しかないのかもしれません  皆、自分のポットを用意していたから、マカールさんはいろいろ言われたのかもしれません 


《トゥーラ市》 

ペテルブルグからだと南東へ約920キロにあるトゥーラ州の州都
ロシアに古くからある産業都市のひとつだそうです
グーグルマップで調べるとペテルブルグから電車で約9時間もかかる ちょっと遠い市です 


《クロンシュタット町》

現在のサンクトペテルブルグ市北西にある”クロンシュタット区”のことかもしれません
フィンランド湾内のコトリン島にある区で 、18世紀には首都ペテルブルグの要塞がここに築かれ、バルチック艦隊の母港となったそうです また、のちの十月革命でもここは拠点の1つだったそうです



《ペテルブルグ》

今のサンクトペテルブルグのこと 
当時のロシア帝国の首都です
“ペテルブルグ”の名称はこの小説の書かれた頃のもので、後にペトログラード、レニングラードと改称されます

この記事へのコメント