『小林多喜二日記』1927年3月9日(第49回) 

file641309031385.jpg


YouTubeはこちらから
https://youtu.be/_bUUtpWinTo



     ★ 今回出てくる作品名 人物名[ ] 内は日記中の表記


[ブノー] / シャルル・グノーのことかもしれません  フランスの作曲家  1818年〜1893年  ウィリアム・シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材にしたオペラを作曲している 他、ゲーテの「ファウスト」を原作としたオペラも有名  今回の朗読では「グノー」と読みかえています   

 
[ロメオとイユリア] / ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ作 多喜二の読んだ作品はわからないままですが、翌年の1928年 新潮社の世界文学全集『痴人の告白、死の舞踏其他』 三井光彌訳のなかに『ロメオとユリア』という作品があるようです



この記事へのコメント