『小林多喜二日記』1926年11月7日(第35回) 

file0002097591949.jpg



YouTubeはこちら🎵 朗読している日記のページ写真も見られます 
https://youtu.be/dWRUHUDXS74



今日は短い日記です

映画を観たあと行った店の名前を書いていて

『ツバメ』『サルン』『ユニオン』『一美亭』

何度でも腑に落ちるまで繰り返す彼の読書法が頭をよぎります

5月29日の日記でも店の名前は書いていますが そことは店名が違うし
もしかしたら 前回の日記と同じく 遊郭のような店かもしれません



前回の日記から二日後のことです 
  
 
    ★ 今回登場する人物名 [ ]内は日記中の表記‬

[チャップリン] / チャールズ・チャップリン (1889年 〜 1977年) 映画監督 映画俳優、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、自身の映画音楽の作曲も手がけている


[クーガン] / ジャッキー・クーガン  1914年〜1984年  俳優 ‬
1921年チャップリンの映画『キッド』への出演を機に人気子役になる 米国の法律「クーガン法」は彼の名に由来する‬



     ★ 今回登場する作品名 

『キッド』 映画/ サイレント映画 1921年  主演・脚本・監督 チャールズ・チャップリン  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック