棧雲峡雨って

『棧雲峡雨って』 と、タイトル通りに棧雲峡雨氏を紹介したいのですが  実はあまり資料がなくて 国会図書館にある本で知るばかりです💦 出版された本の自序ではプライベートな話を書いていて 少し近況がわかります とは言っても、著者が妻と別れた理由とか現在の心境、どんな妻だったのか等 暗いトーンで綴られいて 読んでいて哀…

続きを読むread more