『小林多喜二日記』1926年9月19日(第21回) 

「自分のイージィな生活を考えて、イヤになる」 「死んだ方がいいと思った」  9月18日に米山氏から手厳しい意見を聞いたその翌日の日記 ゴーリキーの物の見方から受けた強い刺激を 整理しているみたいです  登場人物については 日本人にはああいう強い人間はいないと書いています また多喜二が読んだ戯曲について…

続きを読むread more