『小林多喜二日記』1926年7月7日(第11回) ... 朗読 ...

今日は 戯曲、映画、舞台を語ってます  多喜二は たぶん 五月信子のような女性にとても惹かれてますね 当時もしわたしが小樽にいたら この舞台そして映画 全部観たいです この一座がもし小樽に来てくれたのなら そりゃ行くでしょ って思いました       ★ 今回の登場する作品 『シラノ…

続きを読むread more