『小林多喜二日記』1926年6月10日(第7回) ... 朗読 ...

小林多喜二日記の第7回目 多喜二はお風呂に滅多に入らない分、入るときは人の倍の時間をかけて丹念に入ったそうです (おそらく銭湯) その際お風呂代もきちんと倍の額を払ったそうです     ★ 今回の登場する作品 『彼の経験』 小説/ 小林多喜二 1925年 同人誌「クラルテ」に発表 『龍介の経験』小…

続きを読むread more