さえずりとか以前

相変わらず macを開けるとこんな感じで  とにかくじっと見つめるので  聴きにきたのね とか思いたくても この目線に なにか要求されてると思うしかなく 練習は中断です YouTubeの文鳥動画がみたいのかな   あれ 違う… 再生しても 「今日の俺はちがうんだよ」と言わんばかりに  別の場所へ飛んで…

続きを読むread more

『小林多喜二日記』1926年6月11日(第8回) ... 朗読 ...

        ★ 今回登場する誌名 「高商の新聞」/ 小樽高等商業学校の校友会々誌のことかも。          翌年1927年3月発行の会誌に多喜二は小説「人を殺す犬」を発表。          この小林多喜二日記にも収められています 小林多喜二日記19260611.…

続きを読むread more

『小林多喜二日記』1926年6月10日(第7回) ... 朗読 ...

小林多喜二日記の第7回目 多喜二はお風呂に滅多に入らない分、入るときは人の倍の時間をかけて丹念に入ったそうです (おそらく銭湯) その際お風呂代もきちんと倍の額を払ったそうです     ★ 今回の登場する作品 『彼の経験』 小説/ 小林多喜二 1925年 同人誌「クラルテ」に発表 『龍介の経験』小…

続きを読むread more