『小林多喜二日記』1926年7月7日(第11回) ... 朗読 ...

今日は 戯曲、映画、舞台を語ってます  多喜二は たぶん 五月信子のような女性にとても惹かれてますね 当時もしわたしが小樽にいたら この舞台そして映画 全部観たいです この一座がもし小樽に来てくれたのなら そりゃ行くでしょ って思いました       ★ 今回の登場する作品 『シラノ…

続きを読むread more

『小林多喜二日記』1926年6月15日(第10回) ... 朗読 ...

多喜二は、小学校6年間を皆勤したのだそうです どうでもいいことが気になってしまい 調べたら ティッシュペーパーは  まだまだ未発売でした      ★ 今回登場する作品、人物             なし 小林多喜二日記19260615.mp3 YouTubeもあり…

続きを読むread more

『小林多喜二日記』1926年6月13日(第9回) ... 朗読 ...

小林多喜二日記19260613.mp3         YouTubeなら こちら https://youtu.be/-ObQXCQDPr0      ★ 今回登場する作品   『ヂュードとアリョーシャ』 / 多喜二の書いた評論。この日記の元になっている「析々帳」のほかに書いていた「原稿帳」の192…

続きを読むread more