『小林多喜二日記』1926年6月7日(第5回) ... 朗読 ...

この日は、ちょっと長文  ですが、次々出る話に拘泥することもなく、彼の文章は簡潔です  ゆっくり読んだつもりですが  やはり、文字で読まないとついていけないほどの情報量かもしれません    ★今回 登場する作品   ( )内は日記中の表記 『櫻の園』『三人姉妹』『叔父ワーニャ』 戯曲/アントン・チ…

続きを読むread more