『小林多喜二日記』1926年6月1日(第4回) ... 朗読 ...

今回は多喜二の女性観から始まり、日々の生活のなかで創作活動をする自分のために、心のあり方のようなものを探している日のよう。田口たきさんの美貌に心を奪われてしまう自分を「案外な男」と言ったりもします    ★ 今回 登場する作品   ( )内は日記中の表記 『紅い靴下』『一等旅客』 小説/アントン・チェーホフ(チェホフ…

続きを読むread more